2006年11月07日

『父親たちの星条旗』in箕面

cinema-62.jpg

だいぶ書くのが遅れてしまった!!
先週映画「父親たちの星条旗」を観てきたよ♪

ストーリー
太平洋戦争の末期、硫黄島では日米軍による戦闘が開始されようとしていた。
アメリカ軍は当初、5日もあれば硫黄島は落ちると目していたのだが、その予想は外れ、日本軍を相手に36日間もの死闘を繰り広げることになる。


cinema-62.1.jpg

感想は・・・すごい複雑でなんて書いていいかわからないなぁ〜。
一応アメリカ側から見た話だからね!
相手はもちろん「日本」なわけだし・・。
でも一応アメリカから見たらこういう感じなんだなぁ〜って思った。
んでやっぱこういう戦争の話だからか、劇場はお年寄りの方が多かったよ。
逆にうちみたな若い人はあまりいなかったなぁ〜(^^;;あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
やっぱお年寄りの方の方が「戦争」・・という言葉には敏感だと思うしね!

cinema-62.3.jpg

cinema-62.4.jpg

cinema-62.5.jpg

cinema-62.7.jpg

今回見どころは・・・・・
2度のアカデミー賞監督賞を受賞したクリント・イーストウッドが、スピルバーグを製作に迎えた戦争映画であるとこかなるんるん

cinema-62.6.jpg

うちは戦争ものの映画では「プライベート・ライアン」(トム・ハンクス出演の映画)を観た事はあるんだけど・・。
なんとその映画にも出演してた俳優バリー・ペッパーさんも今回の映画に出演してたの♪
Barry_Pepper.jpg
個人的には、もっとこの俳優さんを取り上げて欲しかったかな。
プライベート・ライアンですごい印象に残った俳優さんだったからさ!
だからこういう戦争ものがすごい印象的でねるんるん
まぁ、あくまで個人的な希望だけどね(^^;;あせあせ(飛び散る汗)

今回の映画は感動モノっていうのではなく、淡々とした語り口のような感じで、逆に心に訴えかけてくる映画だったかな。
12月からは第2部の日本から見た話が始まるけど、それも是非観たいなって思うよ(*^_^*)揺れるハート
あと、エンドロール後には2部の「硫黄島からの手紙」のCMもするから、そっちもお見逃しなくw

今回の映画の評価は5段階中かな(*^^*)


父親たちの星条旗オフィシャルサイト【http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/
posted by えみたん at 06:57| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(20) | 映画 さ・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば映画見に行ったって言ってたね(^O^)
戦争もんだから見る人の観点が違えば違う映画に見えるんだろうね(^_^;)
お年寄り多いのはなんか意外やわ(^_^;)
戦争思い出すから見に行かないと思ってたからさ
Posted by 順ちゃん at 2006年11月07日 11:01
こんにちは♪
TB入っていなかったらごめんなさいね。
バリー・ペッパーって何気に軍服物にたくさん出ているんですよ〜。
今回も「また?」って感じで見てました(笑)
第二部もあわせてひとつの作品って思った方がいいのかもしれませんね。
Posted by ミチ at 2006年11月07日 21:09
こんばんは☆
TBありがとうございました。
お返し貼れないみたいでごめんなさい。

硫黄島からの手紙、とっても待ち遠しいですね。
Posted by きらら at 2006年11月10日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26916581

この記事へのトラックバック

父親たちの星条旗
Excerpt: 「父親たちの星条旗」 2006年米 ★★★★★ STORYの構成が素晴らしい! 一切の無駄が無く、かといってちゃんと 丁寧に描いてあると私は思った。 父親たちの・・・・まぁ..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-11-07 07:50

『父親たちの星条旗』
Excerpt: 監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲..
Weblog: **Sweet*Days
Tracked: 2006-11-07 08:22

父親たちの星条旗
Excerpt: やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-11-07 10:00

父親たちの星条旗
Excerpt: 『FLAGS OF OUR FATHERS』公開:2006/10/28(11/04鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド出演:ライアン・フィリップ 、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-11-07 10:35

『父親たちの星条旗』鑑賞!
Excerpt: 『父親たちの星条旗』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある。 戦争を終わらせた一枚の写真。 その真実。 アメリカ側の視点から描かれた 『父親た..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-11-07 13:11

父親たちの星条旗
Excerpt: 2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ(ドク)    ジェシー・ブラッドフォード(レイニー・ギャグノン)    アダム・ビーチ(アイラ・ヘイズ)   ..
Weblog: Lovely Cinema
Tracked: 2006-11-07 21:03

父親たちの星条旗 国際映画祭
Excerpt: 父親たちの星条旗 上映時間 2時間12分 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ ジェイミー・ベル 、バリー・ペッパー 評価 ..
Weblog: メルブロ
Tracked: 2006-11-07 22:43

「父親たちの星条旗」見てきました
Excerpt:  今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-11-07 22:56

映画「父親たちの星条旗」
Excerpt: 2006年60本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを、アメ..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2006-11-08 00:11

「父親たちの星条旗」みた。
Excerpt: 原題『Flags of Our Fathers』・・・なぜ、星条旗が”複数形”なのか、観ればわかる。その理由には「はぁ?」ではあるが。しかも、その出来事によってドク・アイラ・レイニー3人の半生は大き..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2006-11-08 18:00

「父親たちの星条旗」は言っている。
Excerpt: 2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。ク..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-11-09 00:04

「父親たちの星条旗」英雄の存在しない戦争で英雄に祭り上げられた兵士の苦悩
Excerpt: 「父親たちの星条旗」は太平洋戦争末期の1945年2月の硫黄島攻防戦をアメリカ、日本双方から描かれる事で注目の作品で、第1部はアメリカ側から描かれた作品となっている。攻防戦になると当然攻める側と守る側に..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-11-09 06:29

父親たちの星条旗
Excerpt: 戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-11-09 20:15

「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る
Excerpt: イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-11-15 22:39

父親たちの星条旗
Excerpt:  『プライベート・ライアン』を思わせる激しい戦闘シーンが繰りひろげられますが、その実は『シン・レッド・ライン』のような戦争の無常観を表現した
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-11-19 07:23

父親たちの星条旗 (Flags Of Our Fathers)
Excerpt: 監督 クリント・イーストウッド 主演 ライアン・フィリップ 2006年 アメリカ映画 132分 戦争 採点★★★ 「コイツは、白いのも、黒いのも、黄色いのも、茶色いのも大嫌いなんだよ」 『ダーティ・..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2006-11-21 14:11

父親たちの星条旗
Excerpt: 「ミリオンダラー・ベイビー」で、本当は凄い人なのじゃないかと自己の考え方を大きく変えたこのクリント・イースト・ウッド監督作品は、その筆者の「思い入れ」を更に強いものにしてくれた。この作品、「ミリオン?..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2006-12-10 17:06

『父親たちの星条旗』’06・米
Excerpt: あらすじアメリカ、ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人。今、彼には最期の時が迫っていた。彼の名は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。彼は1945年、太平洋戦争の激戦地として名高い硫黄島に海軍の衛生..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-02-13 20:26

「父親たちの星条旗」映画感想
Excerpt: 当初あまり見る気が無かった、クリント・イーストウッド監督の太平洋戦争映画「父親た
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-06-19 01:21

【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1)
Excerpt: 「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-10-17 07:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。