2007年02月11日

『墨攻』in難波

映画『墨攻』を観て来たよぉ〜〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
ちょっと更新するのが遅れちゃったけど・・・w
なかなか映画のこと書く時間がなくてね(^^;;あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

cinema-72.jpg

ストーリー
紀元前370年、戦乱の中国。
10万の趙軍に攻められた梁城は、女子供を合わせて4千の勢力しかない。そこへ戦闘集団“墨家”の革離という男が現れる。
彼は武器を使わず地の利を活かす戦法で、10万の軍勢に立ち向かう。


この映画も原作をもとに作られた映画なんだよね(^-^;あせあせ(飛び散る汗)
うちはもちろん原作は読まずに映画観ちゃうんだけど・・・・
戦いのシーンはめちゃカッコよかったヽ(*^^*)ノぴかぴか(新しい)
てかうちが思ってたのと違ったwww
なんていうんかなぁ〜・・・・
うちはもっとHEROとかLOVERSに近いようなものがあると思ったんだぁ〜あせあせ(飛び散る汗)
でも全然違った(>▽<;;

cinema-72.1.jpg

cinema-72.2.jpg  cinema-72.3.jpg

cinema-72.5.jpg cinema-72.6.jpg

cinema-72.4.jpg

ただやっぱこういう中国の歴史?とかって話が難しい(~_~;)あせあせ(飛び散る汗)
真剣に字幕読んでたら???ってとこが多かったかなふらふらあせあせ(飛び散る汗)
もっと理解するためには、やっぱ原作を読んだ方がいいなぁ〜って思ったバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

ただ人間関係って難しい・・・。
なんていうか、今回の映画では自分が一番に立つためには多少の犠牲も必要。
頼りにしてた人までも簡単に突き放してしまう。
それでも一番になりたいから戦はする。
そこまで一番ってそんなにいいのかな?って思わされるような映画でしたねあせあせ(飛び散る汗)
これは映画での話だけど、こういうのって今の現実でもありえる話でもあるよね(-_-;)
自分が上に立てるなら多少の犠牲も・・って思う人はたっくさんいると思うしねあせあせ(飛び散る汗)
それに対して、これは戦だけど無駄な殺生を好まないという墨家の姿勢にはよかったですね。

あと主人公を演じたアンディ・ラウさん、めちゃハンサムw
こりゃあ〜カッコよすぎだろう・・とか思いつつ(*^_^*)ぴかぴか(新しい)

戦いのシーンが多かったせいか、映画がちょっと長めだなぁ〜と思ったら133分あったのねん(*´∇`*)るんるん

cinema-72.7.jpg

個人的にはこの映画は5段階中かなかわいい


墨攻公式サイト【http://www.bokkou.jp/


posted by えみたん at 00:01| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(36) | 映画 な・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。