2006年11月07日

『父親たちの星条旗』in箕面

cinema-62.jpg

だいぶ書くのが遅れてしまった!!
先週映画「父親たちの星条旗」を観てきたよ♪

ストーリー
太平洋戦争の末期、硫黄島では日米軍による戦闘が開始されようとしていた。
アメリカ軍は当初、5日もあれば硫黄島は落ちると目していたのだが、その予想は外れ、日本軍を相手に36日間もの死闘を繰り広げることになる。


cinema-62.1.jpg

感想は・・・すごい複雑でなんて書いていいかわからないなぁ〜。
一応アメリカ側から見た話だからね!
相手はもちろん「日本」なわけだし・・。
でも一応アメリカから見たらこういう感じなんだなぁ〜って思った。
んでやっぱこういう戦争の話だからか、劇場はお年寄りの方が多かったよ。
逆にうちみたな若い人はあまりいなかったなぁ〜(^^;;あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
やっぱお年寄りの方の方が「戦争」・・という言葉には敏感だと思うしね!

cinema-62.3.jpg

cinema-62.4.jpg

cinema-62.5.jpg

cinema-62.7.jpg

今回見どころは・・・・・
2度のアカデミー賞監督賞を受賞したクリント・イーストウッドが、スピルバーグを製作に迎えた戦争映画であるとこかなるんるん

cinema-62.6.jpg

うちは戦争ものの映画では「プライベート・ライアン」(トム・ハンクス出演の映画)を観た事はあるんだけど・・。
なんとその映画にも出演してた俳優バリー・ペッパーさんも今回の映画に出演してたの♪
Barry_Pepper.jpg
個人的には、もっとこの俳優さんを取り上げて欲しかったかな。
プライベート・ライアンですごい印象に残った俳優さんだったからさ!
だからこういう戦争ものがすごい印象的でねるんるん
まぁ、あくまで個人的な希望だけどね(^^;;あせあせ(飛び散る汗)

今回の映画は感動モノっていうのではなく、淡々とした語り口のような感じで、逆に心に訴えかけてくる映画だったかな。
12月からは第2部の日本から見た話が始まるけど、それも是非観たいなって思うよ(*^_^*)揺れるハート
あと、エンドロール後には2部の「硫黄島からの手紙」のCMもするから、そっちもお見逃しなくw

今回の映画の評価は5段階中かな(*^^*)


父親たちの星条旗オフィシャルサイト【http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/


posted by えみたん at 06:57| 兵庫 ☁| Comment(3) | TrackBack(20) | 映画 さ・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。