2006年10月17日

『ワールド・トレード・センター』in神戸

cinema-61.jpg

先日映画を久しぶりに見てきたんだけど・・・・
あの「ワールド・トレード・センター」を見てきたよぉ〜♪♪


ストーリー
テロリストの手によって、マンハッタンの貿易センタービルに旅客機が墜落。多くの人々が救援を求める中、港湾警察官のマクローリンたちは避難救助に向かうのだが、ビルの崩壊が起こり瓦礫の中に閉じ込められてしまう。


この話は実際あった話でもあるから今回この映画をすごい見たかったんだぁ。

cinema-61.3.jpg

2001年9月11日火曜日の朝・・事件は起こった。
8時46分にアメリカン航空11便の突入を受け、爆発炎上した。1機目の激突は数日前から地元消防署の日常を取材していたフランスのテレビ局から派遣の兄弟によって偶然撮影され報道されている(この時点では多くのメディアが普通の航空機事故として報じた。

続いて、9時3分に南棟がユナイテッド航空175便の突入を受け、爆発炎上した。2機目の激突は1機目の激突後にテレビ中継を行っていた際に発生し、日本を含む世界各国に1機目の衝突を臨時ニュースとして国際中継していた間におこった出来事であるため、前代未聞かつ衝撃的な映像を多くの人たちがリアルタイムで見る事となった。



本当これをTVのニュースで聞いた時はすごい衝撃を受けたよね。
え??ありえない!!!
って感じだったもん・・・・。
しかもあんな立派なビルなのに、模型のように簡単に崩れ落ちていった。
ビルってあんなに簡単に崩れてしまうんだ・・・って思った。

この事故で亡くなったのは2749名っていう大規模な数。
本当ありえない話だよね・・・・。

それを今回この事件で生き延びた人(生存者)の話を元にして映画が作られたわけなんだけど・・

それをまたニコラス・ケイジが演じるわけなんだよね。
俳優さんがいいだけあって、すごい感動作品だった・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

cinema-61.1.jpg

cinema-61.2.jpg

ずっとやばかった・・・・・
もう泣きっぱなし・・・・・もうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
今年一番泣いた映画でもあるよ。
本当に号泣してしまった・・・・あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

やっぱ実話だけあって・・・伝わり方が違うよね。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
思わず阪神大震災を思い出したもん・・

是非この映画は見て欲しいって思う映画の1つだよ。
改めてあの事件の酷さ・・辛さ・・が伝わってくるから・・・バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
うまく感想を言葉にできないんだけど・・・・・・
とりあえず見て欲しいって思う・・・(/_;)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

評価はもちろん5段階中
この映画を見て本当よかった・・・
心からそう思うよるんるん


ワールド・トレード・センターオフィシャルサイト
http://www.wtc-movie.jp/top.html
posted by えみたん at 10:39| 兵庫 | Comment(9) | TrackBack(34) | 映画 ら・わ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。